費用のでどころ

いろいろなナット

賃貸住宅を借りる時、あるいは単体住宅から退去するときに原状回復工事という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。原状回復工事とは借りた時の状態に戻す工事です。通常家を借りた時から家を出ていくまで家の中も劣化により汚れてきます。例えば、壁紙の色が少し黄ばんできたなどです。この汚れに関して借主は現状回復をする必要がありません。それは貸主のほうで当然に払わなくてはならない負担だからです。

現在のトレンドとしては、敷金を減らされないために、マイリフォームをするとしても、できるだけ跡が付きにくい素材のテープや壁に釘を打ち込むなどをしなくてもよいようなリフォームをするべきです。例えば壁を増やして防音壁にする場合や、収納が少ないので棚を付ける場合も、すぐにとり外せてなおかつ跡が付きにくい素材を見るけるのがいいでしょう。それらの素材はホームセンターや100円ショップなどを探せばすぐに見つかるでしょう。 また、このように増設だけでなく、取り替えるときも自分で戻せるようなものを取りかえる必要があります。例えば便座をウオッシュレットにする場合などがこれに当たります。このように敷金を減らされないためにも上手に原状回復工事をしてみてください。